Diary
 9月22日(土) 石川県

 今期よりテンカラを始めたY氏と、昔に通っていたホーム渓流に行ってきた。
前日の天気具合なら行けると思っていたが、朝からあいにくの雨。待ち合わせ時間を遅らせ、天気予報や雨雲レーダーとにらめっこ。
雨が落ち着き迎えに行って、すぐにまた雨脚が強くなってきた。最初は、県内の沢に向かうが本流は濁り増水。沢に着くとやっぱり増水していた。

石川県の方が、降りが少ないかもと読んで高速で移動。普段より増水してるものの濁りもなく入渓。
久しぶりのホームに懐かしさを感じる。

初めて連れていかれたのは、フライフィッシングを始めて間がない頃。当時、勤めていた会社の上司に連れられて行った。チェーンが掛かっていて車で奥まで行けなかったのを覚えている。

ポイントや流し方を説明しながら、合間にフライを流す感じで釣りあがる。

Y氏の渓流でのテンカラデビューを見て、そして今回の釣行。あまりに前回と違うキャスティングに驚く。上達というか完璧。
狙いどころにもフライを落としていた。後は、魚がいれば釣れるだけだった。

テンカラ釣りには過去二回ほど同行したことがあったが、バタバタしていてあまり見れていなかった。今回はがっつりとみることができた。

テンカラの事は、よく知らなかったが竿の長さで流れを越えたり、ピンポイントで漂わせたり誘ったり、憧れの瀬畑雄三さんや服部文祥さんが言っていたように、食料確保としての手段なら間違いなく手返しは早いと感じた。

釣りはできる。でも、やはり渓流のコンディションはよくなく、少ないながら魚影はあるものの前日からの水温の低下などせいか反応が鈍い。

途中、昼食を取りながらいろんな話をした。釣りにこだわるわけじゃなく、この場にいる時間、瞬間が楽しい。同じことを言っていたのが嬉しかった。

最後まで釣れなかったけど、何度かライズしてきていた。今回は、コンディションが悪かっただけで次は、必ず魚と出会えること間違いない。

フライフィッシングを見たことが無いと言っていたので、説明の合間にフライを落としていく。

フライフィッシングといえば、ゆったり広い所で・・・のイメージをしている人が多いと思うけど、僕のは狭い所での釣行が多いので少し変な流し方かもしれない。そして、本流が苦手。

けど、Y氏が、自分が想像していたテンカラの釣り方と同じで、こんな感じならフライもありだなと言っていたのがすごい嬉しかった。


帰りに、たまたまお互いに利用していた中華屋さんへ行き、そこでたっぷり会話をしニンニク臭くなりながら帰路についた。
fly-kyounouta