Diary
 6月 9日(土) 九頭竜川水系 晴れ

 6月なって初の釣行・・・・やっと・・・
今年は、相方が仕事を変わり土曜日休みが取れるようになり、久しぶりの土曜日釣行。
な の で、久しぶりに早朝出発。

最近は、日曜の6〜8時にゆったり集合し、ゆっくり寝てからばかりだったが、今回は4時半集合。

良いコンディションでのホームになりつつある渓とBBQ!

を目的に朝から肉を買い出し渓に向かう。久しぶりに顔を合わせたのに、いつものようにバカ話をしながら車を走らせる。
僕が車酔いをするので相方の車を運転するのは、もう何年目・・・・いや十何年目か。

ドライ一辺倒なのは始めた時から変わらない。
変わったのは、ネイティブを求めて山奥に入るようになったくらいか。

先行者を気にしなくていいのもいいけど、やっぱり人がいない山奥の渓はいい。

そこにある自然 空間 在るもの全てに寄り添えば寄り添うほど魚に出会える感覚。

たまらない。

Pentax M42 Super Takumar55mm F1.8 アダプター RAYQUAL

今年、オールドレンズなるものを購入し初投入。単焦点は面白いし安くてよい。

この日は、朝まで雨でお昼に向けて回復傾向。7時に現場に着いて雨がパラついていたので30分ほど車で話して雨が上がるのを待つ。誰かが来る気配もなくゆったり。晴れ間が見え始めて準備をし歩き始める。

しばらく歩くと見たことないテープがあり、巻き道か?とテープをたどるも、先が不安で途中の沢から渓へ下る。

その年の初のキャストは期待と不安で緊張する。そしてなにより

老眼!始まってる。針に糸が通しにくくなっていた。この一年で結構進行したように感じる。コンタクトの度数をあげたのもある・・・・・ってことにしておこう。

数投すると岩魚がフライをみにきて突く。

渋い・・・・。

前日から比べると気温もかなり低い。リセットか活性が悪いかと思っていたが後者のようだった。

口先で咥えてフッキングして外れるをしばし繰り返す。

流れにも巻き返しにもいない。ゆったりした肩に定位してフライを追いきれない。

晴れ間が渓に差し込むころ待望の今年初の出会い。竿の曲がり、手ごたえ。コンディションの良さが伝わってくる。

25pのイワナだった。

エルクヘアを自然に寄り添わせ、水面をはじく存在に竿とラインで繋がる。

ネットで重さと匂いを感じた。

その存在をレンズ越しに目で覗いていると、

騒がしい奴が・・・・

「もう逃がしたか???まだ逃がすな!!ちょっとまて!!」
「こいつも撮ってくれ!!!!!」


33pのイワナ。
ちょれー!せっかくいい気分やったのにーーーー!!!
やつは、今年初イワナが33pという・・・ね。

ゴホンッ

さてさて

そのあとは、ちびっこや八寸に泣き尺が顔を出し、また静かになったり突然でかいのがスプラッシュしたり、活性が高いのか低いのか。

最近、野鳥を覚えたいが覚えられない・・・・。ミソサザイは、鳴き声が美しくてすぐに覚えられた。
小さいのに鳴き声はでかい。




最後に、尺を上げ写真の前に逃げて行かれたが満足。途中でカウントすらどうでもよくなった。
14時に撤収。1時間かけて車に戻り移動。そしてBBQ。

最近、バーベキューが段々簡素化していっている。どこに向かおうとしてるのか。でも、今回が一番完成形に近くなった。



というわけで、また次回!
fly-kyounouta