Diary
9月10日(日) 福井県 晴れ

 この渓に通い始めて、いやほとんど足を向けている。日曜日限定の釣りになったこと、やはり年齢的にか次の日に仕事が控えていると体がしんどくなってきたこともあって、魚影が濃く先行者がいても他の渓へのアクセスも容易で、なおかつ魚止めと思われるところも近く、そして道路へのエスケープルートも大丈夫という場所だからだろうか。
平たく言えば楽だから・・・・・・ あかんなぁ・・


秋の近づきを感じる風景。イコール今シーズンの終わり。今シーズン最後になる釣行。そういえば、昔よく通った渓は、この時期は銀座状態で朝早くから場所取りをしに行っていたことを思い出す。最近では、8時に出発とかゆっくりが多くなってきた。早くても5時か6時。3時に出発していた頃が懐かしい。


初めはブッシュがうるさいが段々開けてくる。といってもフライに向いてるかというとどうなんだろう。
たまに初心者に近い友人を連れていくことがあったが、なかなかこんな場所へは連れてこれない。
キャスティングするたびにロッドに絡まっていたころが懐かしい。



当然、ヤマメはいない。入渓が少ないのか、肩や開きに23〜25cmのイワナが釣れる。


そして、だんだん細くなっていく流れ。
元気に顔を見せてくれる岩魚たち。言葉には出来ない時空間。




ここより上は、ピタリと魚がいなくなる。勝手に魚止めとしているけど、どーみても、まだまだいそうな感じ。
少し戻って簡単に道路に戻る。前に入ったときは、強烈な藪漕ぎを強いられたが、ルートを思いっきり間違えていただけと知ったのは最近の話。今季は、これでおしまい。




また来年お会いしましょう。


来年へ繋がる魚達。


狭い所ばかりに行っているからか、本流は大いに苦手になってしまった。一時期は、ウェットもがんばってみて、本流筋で尺のヤマメを釣り上げた事もあるけど、やっぱり源流筋のドライフライはやめられない。

というか、人気のない渓が好きなんだろう。昔は、単なる釣りでフライフィッシングの面白さ、そして岩魚や山女に出会いたくて渓に通い詰めていた。でも、それならルアーや餌釣りでも良いはずなのに、僕はフライフィッシングだった。
腕も無いし、糸は絡まるし、毛鉤は沈むしめんどくさい。なのに、フライフィッシングだった。

今は、釣れなくてもいい。小さくてもいい。その場に立ててるだけでいい。

釣りの手段だったフライフィッシング。

今は、僕にとって自然と繋がる唯一の手段だと感じている。毛鉤に魚が食いつく瞬間まで、溶け込むように。
fly-kyounouta