PROFILE
 5月 3日(土) 九頭竜川水系 曇りのち雨のち晴れ 水温?度

 今年も、やっとかと重い腰を上げて動き出したのは4月、この釣行記は5月なのだが4月にも1度入渓している。人だらけでアマゴとイワナが釣れたもののゆるい釣りだったのでスルーする。

小中学校の同級生ことTっちゃんと気になる谷へ。GW一応初日なので気合を入れて早朝待ち合わせの場所取りをしようとする事になった。そこは先行者がいると続いて入ることはできない。

天気予報では晴れで 汗ばむ陽気になるだろうと思っていた。

最近、源流釣りが多くなり歩くことが多くなり装備を構築中。ベストを捨てザックとポーチの組み合わせ。ネットはインスタネットS 無くしてしまったネットの穴埋めに買ったのが意外と使えて今にいたる。たまに藪漕ぎをしていると ケースから抜けてボーンと大きくなると焦る。 暖かくなったらこれにスパッツも履く予定。ますますフライフィッシングスタイルから離れて行ってしまっている様な気はするが、この図体と万が一を考えるとやむを得ない。

すでに下には、釣り師や山菜取りの車がちらほら・・・・ まずい

が、以外にも目的地には車は無く先行者なし。雪代のせいかやや増水。おまけに早ブヨが寄ってきた。



 ブッシュが多いが最近お気に入りの渓。ひっこぬかれてしまうと釣れないが・・・・

最初のヒットはTっちゃん。前回一緒に入ったときよりは魚影は濃いようだった。その後もポツポツとイワナが釣れて行く。
途中、次の日のアウトドア用にネマガリタケを2本拝借。少し細めだったけどバーナーで焼いてうまかった(後談)

途中、天気予報を裏切って いや、天気予報が裏切って雨が降ってくる。一気に気温も下がり息が白くなった。
ザックに切り替え、25リッターだったのでかさ埋めに、ダウンベストとカッパを持ってきていたのが助かった。やっぱり、山では晴れてても雨具は必須。こんな気温で雨に濡れたらしゃれにならなかった。ダウンベストを着こんでも寒い。


雨と寒さの中での釣行
 気温が低い割にはドライに反応して楽しかった。最大で26cmも混じってまずますの釣行。普段巻けないと思っていた滝も草が生えていない事で巻き道も見つかった。巻いたらさらに滝だらけで、あきらめて撤収。

後にそこから上が良いことを知る。


 うーんやぱりPLフィルター無くしたのは痛いなぁ・・・