PROFILE
5月 5日(土) 九頭竜川水系 晴れ 

 相方からGWの休みの連絡 5・6日。GWはあまり良い釣りが思い当たらないので、ゆったりと場所の散策を込みでゆったりと釣りをするかと出発は遅めの8時半。さらに、相方が携帯財布を忘れて遅刻、そしてそこから場所決めに時間を費やし出発は9時すぎになった。まぁさっきも書いたけど連休中は人だらけで おまけに後半 荒らされまくっているだろうと気合も入っていない。

場所は、去年6月に良い釣りが出来た谷へ。荒れた林道を走っていくと、雪で先に進めず そこには先行者らしき車が一台。この時期は釣りなのか山菜なのかわからないので、とりあえずそこから歩く。

 水は豊富で少しだけ増水気味。条件は良さそうだった。前回は、一投目からイワナがわんさか顔をだしたが、先行者の影響かまったく反応がない。GW後半だし相当な人も入っているのだろう。一時間ほど釣り上がるも反応がないので釣りは止めて、新規の場所散策に切り替えようと車に戻った。車を止めた場所からしばらく降りて川をまたぐとくに何故か惹かれるものが・・・ ブッシュが多い時は見えなかったけど、意外と開けているような感が・・・ 二人の直感がそこだと言っている。もちろん車を止めて川へ降りた。
まさに正解選択。普段入りづらそうだからと思うのは同じようで、完全に抜けている感だった。一投目から出てくる出てくる
上流と違いブッシュも少なく開けている。増水のためにポイントは少ないが、落ち着いてくるといいかもしれない。途中、カメラのバッテリーがなくなるというアクシデントだったけど、二人でふた桁 25〜6cmも混じっていい釣りが出来た。


最初に釣り始めた所まで詰めて帰りは道を歩く。空は晴れ。たまにはこんな日もないとね。