PROFILE
9月25日(日) 曇り 水温?度

題「最終釣行 前日出発の果てに」

「この寒さじゃあかんわ とりあえず飯食って 寝るか」

 3連休前は、すごい大雨。当然のように川は大荒れであった。相方の休みの兼ね合いもあって釣行は日曜日になった。
いつも最終日は気合を入れる・・・・・?どっぷり歩くつもりで前日出発 車中泊予定。21時に集合して予定の現場に向かう。途中にあった温度計は9度をさしていた。9月の山の夜は寒い。
23時 現場に着くとなんと同じ考えの人が!先行者だ。しかも車の中には誰もいなかった。前日入り確実だった。仕方なく次の候補先に向かう。

0時過ぎ 候補先近くの道路で簡易テントもどきを出して極寒の中眠りに着いた。途中、何台も走りすぎていく車の音を聞きながら・・・・

5時半 激しい車の音で目が覚めて時計を見ると5時半 寝過ごした。最終日やしこりゃ終わったな・・・・・と相方を起こす。相方もやらかしたと言わんばかりの寝ぼけ顔。コンタクトを入れてすぐに移動を始める。
 本流からの出合いから少し上がると、餌師が1人。やばい・・・・ さらに奥に入り途中は誰もいなかったが林道終わりまで行くと、車が2台も・・・ しかたなく、誰もいなかった中流域まで下りた。

車を止めてしばらく談笑して用意を始め、川に降り立った。凄まじい寒さと冷たさでドライは無理だろうと数投。

「この寒さじゃあかんわ とりあえず飯食って 寝るか」

相方と相談してものの15分くらいで車に戻った。

7時前 あまりの寒さにお湯を沸かして朝飯とコーヒー。相方は今日の食料全部食う気か?といわんばかりにパンにおにぎりを食らっていた。
同じくして俺も、あまりの寒さに耐え切れず、朝からマルタイラーメンを食らう。温まることこの上ない。
飯を食っているとバンが1台。おんちゃん2人がどうですかと話かけてきた。

「この先、いる?」
「車2台止まってますよ 俺らは寒くて待ちです」

そしてバンは上に消えていった。そして、もうどこにも行けないあきらめと、前回いい釣りをした余裕と、簡易テントもどきを干すのと、ここ最近の天気 水温 気温を考慮して・・・・・・  寝た。

10時 起床。むくり
 山の中に陽がさしてきた。
「よー寝たし そろそろ行っか!」

さっきのおんちゃんたちのことを考えて、車からしばらく下って川に入った。
 朝の渓流は格別。寒いながらも日向は暖かい。水量も申し分なく後は水温といったところだったが、意外とすぐに反応もフッキングにはいたらず。

バイク2人組みが上に走っていった。それから暫くして林道終わりに止まっていた一台が降りてきた。俺はドライシェイクスプレーが見当たらず、探してくると車に戻った。するとさっきのおんちゃん2人が戻ってきて、フライのことを聞いてきて写真を撮らしてほしいと言ってきたので こころよくおっけー ちょうど相方も車まで来たので二人で撮ってもらった。ひょっとしたら3月に北國新聞から出る渓流雑誌に載せるかもということだった。

 2人は俺らが予定していた谷に入り、奥まで行ったが誰にも会わなかったとのこと。釣れたのは20cmみたないイワナ1匹だけだったと言っていた。
 まずは車から暫く上がったところで1匹。チョウモドキががっつり。ここから・・・・・

 釣れまくり始める・・・・・
 1匹山女も混じって アベレージは20〜3cmといったところか。
「そろそろ言っていい?」
「おう いいぞ」
「フライ 足りるかなぁ わははは」

そうです。調子こいてます。結局、2人で2桁釣行。最後の淵で2人仲良く27cmイワナを釣り上げて、今シーズンの最後を飾りました。

今年は、本当に釣りに行けなかった。ここまで行けなかった年はないんじゃないんかな。来年はどんな釣りになるのか、いまから待ち遠しいです。谷ばっかりなので、たまには本流などもしてみようかなと思っています。

フライフィッシャーの皆様 今シーズンもお疲れ様でした。フライフィッシングをするみんなには、それぞれの釣りがあって、旅があって、出会いがあって楽しめたのでないかと思います。このサイトをずっと続けていくことで、みなさんに出会い 釣りや旅の話が聞けるときがくるといいなと思っています。

                                                                         オプロ