PROFILE
6月26日(日) 九頭竜川水系 曇り 水温?度

 この日記より前に、石川県に釣りに行ったがカメラを忘れ、加えて悲惨な釣果・・・・・。最近、近くに道路がない所での釣りばかりで、スレている魚に対してなんの技術も付いていないことに打ちのめされる釣行だった。魚がいるのに釣れない。ラインに驚き走る魚。そこそこの型もいるのにまったく釣りにならない、フライに反応しない。数年ぶりに味わうライズなしの辛さ。昔のように川を転々とし、なんとか坊主を避けたものの渇水に加え一部いい渓相と思いきやすさまじいチャラ瀬に変わったしょーもない川など疲れただけの釣行だった。

なので!!今回は当然の様に・・・・・・・逃げました。谷に・・・・・。わはは
前に上流には入ったことあったが、下流は初入渓。家に迎えに来てくれた相方は寝れなかったようでヘロヘロになっていた。
自分は珍しくグッスリ4時間くらい寝れたので運転を交代し、四時半に出発。工程は半日。

 現場に到着して準備を整え、竿を畳んだまま斜面を数十メートル降りていった。尾根から急に崖になったり あーだこーだとようやく川に降りた時は早くも汗だくヘロヘロ。

 中々の渓相に驚く。いかにも美味しそうだ。くわの木が割りとたくさんあって、一つ戴く・・・・・すっぱい。黒いカディスもチラホラと飛び餌も豊富そうな谷だった。相方が大をしに行ってる間に、落とした#13グリズリーにライズ。いきなり過ぎてびっくりしてフッキングならず。相方が帰って来て、釣りあがり始めるとすぐに20cmくらいのイワナが1匹。

周りからは渇水の情報が入ってくる中、この豊富な水量。居着きのイワナが次々と上がってくる。今回は面白い経験をした。
朝は、完全に開き。今年は開きの反応を忘れてたくらいだったから新鮮だった。途中からは、完全に巻き返し。開きからの反応は無くなった。時間帯なのかは分からず、まぁどうでもいいか わはは。

居着きの鮮やかなオレンジ

ナメの大きな淵で、今年一番のロングキャストで#13カディスが巻き返しにフワリと着水して、水飛沫と共にフライを引き込んで行ったのは、本日最大の8寸イワナ。結局、2人で2桁。杉林の踏み跡を辿って車に着いたのは12時前。短時間でかなり満足の行く釣果だった。