PROFILE
5月21日(土) 石川県の川 晴れ 水温?度

銀座の川にて

 ようやく動き出し2週連続の釣行。色々迷ったあげくに近場の谷へ入ろうと6時に出発。谷の林道に入ると車が1台・・・・2台・・・・3台・・・・・・ あげくに林道途中は土砂崩れで寸断されており、さらに県外ナンバーが1台、地元が1台と土砂崩れの所から歩いていったと思われ、まさに銀座状態になっていた。これは無理だとあきらめて、そこから石川県の川まで大移動。第2のホームリーバーとなりつつある川に着いたのは出発から2時間半が経っていた。しかし、ここも人だらけで、フライマンが大量にロッドを振っていた。手取川が雪で増水しまくっているせいか?流れ流れて来ているような感じだった。普段、そんなにいないからなぁ ここ。上に上に追いやられていくと、なぜかいつもの入渓ポイントがぽつんと空いていた ラッキー。
いつもよりほどよく増水しフライには持って来いだったが水温は相変わらず低い。ちらほらと雪も残っていた。こんな低いところにまだ雪か・・・・・・

先行は相方。1投目・・・・・2投目・・・・・・ 次 次 次 反応なし。相方がすっ飛ばしたポイントにカディスを浮かべると ふわーっとイワナが浮いてきてフライを ツンッ と突いて消えていった後にもう出てこない。。この川でこんな反応は初めてだった。嫌な予感がする。散々いじめ抜かれてるか活性が悪いかフライが合ってないか・・・・・・・。いつも必ず出るところでもまったく反応がなかった。確実ゾーンを抜けて竿抜けポイントがないかなと対岸に移動してフライを落とす。しつこく流していると岩の横から黒い影がスパッとフライに食いつきヒット!が、ラインが岩に引っかかり外せずそのままラインブレイク・・・・ぐぅ・・・・。
 最初の1匹は、それから20分くらいだったか。普段は反応が薄いゾーンの流れの中から出てきた。コンディションは中々でよく走った。
1匹釣ったら交代。いつものルールだ。すこぶる反応がない中で、たまーに出てくる魚をバラシていく相方。悪い病気が完全復活しているらしかったが、超A級ポイントでイワナを釣り上げて交代。普段よりはかなり少ないものの反応がよくなってきて、1匹追加して交代。でかい淵2つには、足跡がたくさん。反応の悪さは先行者?
だからかーと話ていた。淵の反応はもちろんなく交代。足場の悪いところから 流れのど真ん中にキャスト。流しながら次のポジションを探していると 相方から 出た!!と言われ え?そうなの?と合わせると ドスン。 ギラッと光る水中 ヤマメだ 結構いいサイズ。

足跡だらけの淵上の流れで出たのは27センチのヤマメだった。久しぶりのこっぽいヤマメ これは嬉しかった。その後もちょこちょこと釣れてさぁ あそこまで行ったら上がろうかと言ってた矢先に かぷっ
流れに持っていかれ、あやうくバラシそうになったイワナは2センチ足らず 28センチ。今年一番のイワナでした。
厳しかった割には、中々満足の行く釣果になりました。